目に見えない被害~雨漏り修理を放置することで被害は拡大する~

雨漏りをそのままにしてしまうと危険

傘と一戸建て

症状が小さい場合は、何も対処をしない人もいるかもしれません。しかし、それはとても危険です。雨漏りは雨が降る度に被害が大きくなります。いろんな悪影響が予想されるので、早めに雨漏り修理を行なってください。

目に見える被害だけではない

雨漏り被害を確認できる頃になると、被害はだいぶ進行していることが予想されます。屋根や外壁の亀裂から住宅内部に浸入した雨水により、木材が長時間湿った状態が続くことで、躯体内を徐々に腐らせていきます。しかし、この段階では、まだ発見できないことが多いのが雨漏りの恐ろしい点です。雨はやんでも、一度腐ってしまった木材は腐食が進行していき、耐久性が低下するのです。そのため、雨漏り被害を確認できた頃には、被害が甚大になっているケースもあります。

カビが発生しやすくなる

雨漏りが発生することで、住宅内にカビが発生する要因を作ってしまいます。カビもシロアリ同様に、湿った場所を好みますので、いろんな種類が発生する可能性があります。カビが発生すると、人体に入り込んで、感染症やアレルギーの原因になることもあります。

まずは症状を確認しよう

  • 1 天井や壁にシミやカビが発生している。
  • 2 天井や壁のクロスが浮いてしまったり、剥がれてしまったりしている。
  • 3 雨の日には、窓枠やサッシ部分に雨水が溜まっている。
  • 4 雨が降っている日は、屋根裏や天井裏から水滴が滴る音が聞こえる。
  • 5 屋根瓦にひび割れしていたり、ズレていたりする。
  • 6 外壁に亀裂があり、一部分変色している。
三人の作業員

もし、上記の症状が1つでも当てはまった場合は、すでに雨漏りしている可能性が高いでしょう。自分で修理することにより、症状が悪化することもありますので、雨漏り修理・調査を専門に行なっている業者に任せた方が安心です。

TOPボタン